創立60周年記念
2009年第37回定期演奏会


◇「六段」(1、2年生)

箏をはじめてまだ8か月ばかりの新入部員の演奏です。



◇「Sarah -過ぎ行く時-」(2年生)

2年生の学年曲です。水の流れ、そして時の流れを表現した曲です。


◇「セマンティック ディファレンシャル」(3年生)
画像準備中
東大箏研出身の井口拓自氏により作曲された、珍しい技法も用いられユニークな曲です。


◇「祭花二番」(4年生)

今年で卒業になる4年生による曲です。


◇「涼流」(5年生)

この曲は元は箏・尺八二重奏のために作られた曲ですが、今回はクラリネットとの合奏でした。


◇「八木節スケルツォ」(生田流OB、現役部員)

生田流OBによる曲です。久々に箏に触れられる方もいらっしゃいましたが、
それを感じさせない迫力ある演奏でした。


◇「いざない」(3,4年生、院生)

上級生による合奏です。これまでの経験を感じさせる素敵な演奏でした。


◇「カノン・剣の舞」(2、3、4年生)

クラシックの名曲を箏向けの合奏曲にアレンジしたものです。


◇「春の海」(5年生)

箏曲ではおなじみの春の海。今回は箏・クラリネットによる演奏でした。


◇「都の春」(山田流OB、藤井千代賀先生、岸辺美千賀先生)

山田流OBによる曲です。今もお箏を続けられている方が多く、すばらしい演奏でした。
藤井千代賀先生、岸辺美千賀先生、この度は賛助の程ありがとうございました。


◇「Emotion 〜ときめき〜」(1年生、2年生、3年生、4年生、院生)

この曲は東大箏研OBである水野利彦先生が作曲されたもので、この度は直接ご指導までしていただきました。
 水野先生、ご協力ありがとうございました。
大規模な合奏であり、全員揃って演奏できたのは当日だけでしたが、無事に終えることができました。


◇演奏会終了後

今回は東大箏研創立60周年を記念して、OBと現役部員による懇親会を行いました。
多くの方にご参加いただき、それぞれ懐かしみながら楽しんでいただけだようで嬉しく思います。
ビンゴ大会もあり、大いに盛り上がる会となりました。
皆様のご参加、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。



前のページに戻る